調査隊!初めての横断幕作り☆

横断幕はどこで作るべきか

横断幕を作る際にどこの業者に依頼をするべきなのか悩んでしまうこともあるでしょう。デザインも決めて、予想通りのものを形にしてくれる業者でなければいけません。実績から業者を選ぶという方法を考えることもあります。

しかし中には実績があっても高額になってしまったり、細かい部分まで指定をすることができない業者もあります。実績だけをチェックして決めるのは危険です。横断幕を取り扱っている専門業者の比較サイトをチェックすることによって、様々な視点から業者を選定することができます。

いくつかのポイントに分けて情報検索を行うことができるようになっているので、とても便利です。初めて作る、依頼をするという場合でも安心をして利用をすることができるように配慮をしているので、まずは相談をしてみてください。きっと満足出来る横断幕になるでしょう。

のぼり屋さん

評価
★★★★★
サービス性
★★★★★
情報の多さ
★★★★
利便性
★★★★★
満足度
★★★★
公式サイトはコチラ

のぼり屋さんは好みに合わせて横断幕などを作成でき、必要な時期に間に合うように注文すると販促やイベントを盛り上げるために使えます。注文日はお届け先と希望する納期を入力すると分かり、遅れないように必要な数量を確かめると効果的です。

のぼり屋さんはAiデータ以外にエクセルや手書きで入稿でき、オリジナルのデザインに仕上げることができます。注文の流れは校正をして見積もりをすると金額が分かり、横断幕を作る際には見やすいようにサイズを決めると効果が高いです。

のぼり屋さんで横断幕を作る時はサイト上に参考デザインがあり、スポーツの応援や住宅用など目的に合わせて決めると便利です。サイズは見やすくなるように工夫し、既成デザインに文字を変更するなど最適な方法を決めると手軽に注文できます。

横断幕・懸垂幕キング

評価
★★★★
サービス性
★★★
情報の多さ
★★★★★
利便性
★★★★★
満足度
★★★★
公式サイトはコチラ

利用料0をウリにするのが、横断幕・懸垂幕キングで、利用者数も2万人を突破しているのが、横断幕のイラストがWeb上で作れるサービスで、デザイン費も無料です。社内工場には、最新式のオンデマンド印刷機を20台以上導入、1枚からオーダー可能で4000円から仕上げてくれます。

横断幕・懸垂幕キングでデザイン制作したデータも、3年間保管してくれるため、増刷することも可能です。横断幕の印刷方法としては、フルカラーのダイレクト昇華で、色数に制限を設けていないため、鮮やかな色彩に仕上がります。また、両面に印刷できる横断幕を作りたいなら、遮光ターポリンなど、多彩な生地を用意してくれます。

デザイン制作から印刷データ加工、印刷機械オペレーター、縫製などの全ての工程を横断幕・懸垂幕キングでは一貫して行っているので、安い価格で提供してくれます。実績も豊富、年間8000枚を仕上げていますし、お客さんの声、ジャンル別のデザインなどの実例を交えて紹介しているため、参考にしたり信頼度も高めです。

MAKUMAKU

評価
★★★★
サービス性
★★★
情報の多さ
★★★★★
利便性
★★★★
満足度
★★★★★
公式サイトはコチラ

MAKUMAKUは、業界最安値ともなる1枚990円から横断幕をはじめ、のぼり旗、バナーの制作を行っています。オーダーメイドでデザイン作成するにしても、文字だけのデザインならば、デザイン無料で制作してくれます。また、急ぎの場合には当日発送便で応えてくれたり、無料生地サンプル請求により、リクエスト通りの制作を可能にします。

高品質と低価格がMAKUMAKUのウリで、布に比べて丈夫、防水タイプの横断幕を制作したい場合には、ビニール素材を使用できます。また横断幕などには、小さい風通し穴を設け、幕が裂けにくい工夫も施されています。通気性が良く、防水に加えて防音効果に優れている1枚も作れます。

鮮やかな発色と使いやすさもMAKUMAKUの製品の特徴で、利用者からの評価もあります。例えば、ポリエステル生地を直接インクで染め、汚れても安心の手洗い可能な素材に仕上げています。鮮やかな色味で、遠方からもイラストや文字がくっきり、しっかり確認できます。

ラクスル

評価
★★★★
サービス性
★★★★★
情報の多さ
★★★★★
利便性
★★★
満足度
★★★
公式サイトはコチラ

横断幕の製造を依頼するなら、専門業者であるラクスルという会社をお勧めします。この業者の強みは、あらゆる素材を活用した横断幕を作ってくれるところにあります。ビニール生地や布素材など、用途に合わせて使い分けができます。

ラクスルに横断幕の製造を依頼する際には、その印刷内容をデータで送信して作ってもらうことができます。このため、イメージ通りに製造してもらうことができます。仕上がり前に、校正手続きをきちんととってくれるところも安心です。

また、低価格で製造を実施してくれるので、負担感が少なくて済みます。製造料金設定も大変明瞭に公表されているので、予定外の負担をする必要がなく経済的に利用できます。

Ksファクトリー

評価
★★★★
サービス性
★★★★
情報の多さ
★★★
利便性
★★★★
満足度
★★★★
公式サイトはコチラ

色々な案内などに横断幕を使うことがあるでしょう。一般的に見られるものは同じ素材のように見えますが、実際にはいろいろな種類が用意されています。Ksファクトリーでは複数の種類の生地から発注できるので、その場所に合ったものを選べます。

横断幕を作成してもらうとき、通常はデザインの入稿が必要です。デザインを一から考えるのが大変な時もあるでしょうが、Ksファクトリーならデザインをしなくても発注が行えます。希望を伝えると、それに合わせて作ってもらえます。

印刷関係のサービスでは、モノクロが最も安くて2色、フルカラーなど色が増えると値段が高くなるものもあります。Ksファクトリーで横断幕を発注するとき、色の数で料金は変わりません。一色でもフルカラーでも同じになります。

のぼり革命

評価
★★★
サービス性
★★★
情報の多さ
★★★
利便性
★★★
満足度
★★★★★
公式サイトはコチラ

横断幕を作りたいと考えていても、どこに発注をするべきなのか悩んでしまうことがあるでしょう。確かにどこでも受付を行っているものではありません。今はインターネット発注で対応をしている業者が多いです。費用も抑えることができます。

横断幕を扱っているのぼり革命ではリーズナブルな価格で作成をすることができるのに、高品質なので安心をして任せることができます。どんなものになるのか分からないということがあってもサンプル生地を送るので確認もできます。

加工の希望にも対応をしているので、予想通りの横断幕を作ることができます。作り方が分からない、発注方法が分かりにくいという不安もウェブサイトに従って進んでもらうことによってスムーズに作成できるようになっています。

横断幕を活用する主なメリットとは

イベントの告知、あるいは工事現場それから、スポーツのサポート用など広い範囲の使い道で利用される横断幕については、旗の一種になります。 横長の生地に対してスローガン並びにアピールしたい文字を書き記して、貼り出すことを通して訴え掛けられる横断幕はコマーシャル効果も望めます。 一方、横長の横断幕に対しまして、建造物などの高い所から垂らす縦長のタイプを懸垂幕といいます。 そして、横断幕に関しては、効果的に用いることで、有益性が得られますが、まず 大勢の人の目にとまることが、特徴としてあげられます。 そうした特徴を利用して多くの方が、現在において有効に活用しています。実際にそれほどコストがかからずに、うまく利用すれば非常に大きなコマーシャル効果を得ることができます。

横断幕を利用するメリットは、複数あります。まず第一になにより、横断幕はどんなところに貼り出しても、あらためていうまでもなく、目にとまりますので人目を惹くことになります。その結果、横断幕を介した広告やコマーシャルは、多くの方の目に付きますのでアピール効果としては圧倒的です。 コマーシャルで一番大事なことは、見る人に対して印象が残存するようインパクトを与えることです。したがって、人の目にとまら無いなら、知らせたい、アピールしたいことを伝達することはできません。インパクトを与えるメソッドは、デザイン性やコントラスト、キャッチフレーズなど多岐にわたりますが、とりあえずは認識してもらうことが重要なことなのでそういった点、横断幕は効果的アイテムということができます。

そして、横断幕は、日常使用する機会がない所を利用することができます。 ひとつの例として、外壁であるとか屋根といった所にも容易に設置ができます。 様々な所を効果的利用できるのは、横断幕だからこそのアピールポイントです。 屋外に加えて、屋内でも利用することができ、持ち運びについても相対的に容易なので使う場面を選んだりしないところも重要な点です。また、 費用を抑える ことが可能です。横断幕は、広い範囲で活用されていますが看板の役目にもなります。 活用する生地によりましては、雨風に非常に強い、屋外活用にフィットする種類もあり、長い期間掲示しても劣悪化しにくく、発色に関しても鮮やかといえます。手を煩わせることなくセッティングできる横断幕に対し、看板はセッティングするとなると看板そのもの、セッティング費用などそれ相応にトータルコストがかかります。 額面を抑制しながら、人目を惹くことが可能な横断幕は魅力的と考えられます。

カテゴリー