調査隊!初めての横断幕作り☆

トップ > 横断幕の情報 > 横断幕の主な特徴と利用するメリット

横断幕の主な特徴と利用するメリット

 横断幕については、屋外もしくはイベント会場で非常によく活用されています。
それらの他にも、ショップの宣伝や広告にも使われるアイテムのため、それほど頭に入れていなくても事あるごとに目にしていると考えられます。
こうした横断幕につきましては、実際のところ手を煩わせることなく制作することができます。
材料や制作方法を選択すれば、使い道に応じてよりコマーシャル効果の高い横断幕を作成することが可能です。
横断幕の耐久年数は、材料や利用しているシチュエーション、回数によって違いがあります。
強度があって継続的使用に向いた材料もあれば、短い期間の利用向きの素材もあります。
さらに同じような屋外でも、太陽の光がよく当たる所と日陰では、色抜けによる耐久年数が変わってしまいます。

 横断幕に関しましては、横に対して非常に長い幕になります。
局面によっては、横断幕とさらに懸垂幕を併せてセッティングすることもあります。
横断幕は、ハトメ加工を施して、その場所に通したひもでセッティングするメカニズムとなっています。
このことから風に対して吹かれてひらめくことが発生しません。
それに加えて特徴としまして、看板や塗装とは異なって、横断幕につきましては取りつけや取り外しが簡単にできるようになっています。
その影響で、店などで開催される期間限定のキャンペーン等でも、アピールにしばしば活用されるアイテムになります。
デザイン性そのものの変更がとても難しい看板もしくは塗装とは異なって、販売価格がリーズナブルでユーザビリティが非常に高いことが大きなメリットとなっています。

 横断幕についてはオーダーメイドを踏まえての作成ができます。
注文制作ならば、リクエストにあった多種多様なデザイン性の横断幕を作成することができます。
しかしながらオーダーメイドで構築するケースでは、利用する材料によって特徴並びに制約が見られます。
屋外での利用向きのターポリンはビニール系統の合成樹脂によってコーティングされ、防水に関する機能に優れて、破れづらく丈夫といえます。
一方、 屋内利用向きのトロマットは軽くて折りたたみやすいことから、収納にフィットしています。
しかしながら、トロマット素材に利用しているインクは洗剤に対してとても弱く、洗濯で洗剤を使用した場合、インクが剥がれる可能性があります。
汚れを気にしている際は、濡らした雑巾などを通じてふき取ることが必要となります。
以上のように、素材によりまして特徴や制約があるのですが、サイズ、あるいはハトメの位置は通常どおりです。

次の記事へ

カテゴリー