調査隊!初めての横断幕作り☆

トップ > 横断幕の情報 > 横断幕の利用用途および生地のタイプ

横断幕の利用用途および生地のタイプ

 家から出ると、多種多様なスタイルやコントラストの幕が装飾してあるのを見かけますが、横長の布に対して文字をつづったものを横断幕と言います。
これに関しては、造り手からのみ情報発信する媒体になります。
それを目にした人が、記載されている重要な情報を手にして選別した結果、関心を持ち行動をもたらすというシンプルなツールです。
そうした特性を活かした、多種多様な使用用途があります。
まず第一に、スポーツ、あるいはイベントそれから、公営競技などで支援するときに非常によく利用されます。
クラブ名、あるいはシンボルマークのみならず、趣向を凝らしたオリジナル性の高いデザインが印刷されているオリジナルなものもしばしば掲げられています。
しかしながら、競技によりましては、横断幕を前面に出す際、各々で礼儀作法や細々としたルールがありますので、しっかりと把握した上で、取り決めを守って掲げることが大事となります。

 そして、広告や宣伝、告知などでも利用されます。
広告としましては、最新の製品の展示会並びにイベントで掲示されていて、販売促進のためのツールとなっています。
それに加えて、建物の分譲広告としてマンションの壁に、入居者募集などと掲示されているケースも見受けられます。
宣伝としましては、選挙時に、演説の背景において、候補者名及びスローガンを吊るすケースもあります。
それに加えて道路の工事情報など交通関連の情報を非常に広く通告する方法として、橋や歩道橋などに出していることもあります。
以上のように、横断幕は色々な人に重要な情報を流すことが可能という利点があります。
それに加えて、相対的に軽いので、運び出しや撤去する際にも円滑に片づけられ、仮に落下したケースでも安全といえます。

 横断幕は、手作りもあれば、業者に注文製作することもできます。
注文する場合、生地に関しては、大まかに分けてポリエステル生地及びターポリン生地があります。
一個人やチーム練習や試合などを屋内で応援する時はポリエステル生地、さらに屋外時にはターポリン生地、と利用用途にあった生地を選択できます。
前者は、ポリエステル100パーセントの素材生地が多く、特徴として、重さは軽くソフトなので折りたたむことが可能で、持運びに利便性が高いといえます。
後者に関しては、ポリエステル及びビニールの混合生地のターポリンを活用することが多く、光を通しづらいことが特徴です。
そして、水をはじくことから雨天時にも利用できます。
それに加えて、風の抵抗を抑制する仕様もありますので、屋外を踏まえての長期に亘っての利用に適しています。

カテゴリー